蒼井優&阿部サダヲがW主演!「彼女がその名を知らない鳥たち」の映画化決定 | RBB TODAY

蒼井優&阿部サダヲがW主演!「彼女がその名を知らない鳥たち」の映画化決定

人気ミステリー小説、「彼女がその名を知らない鳥たち」の映画化が決定した。同映画は、最低な人間たちがあぶりだす”究極の愛”の物語。蒼井優と阿部サダヲがダブル主演を務める。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
  • (C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
 人気ミステリー小説、「彼女がその名を知らない鳥たち」の映画化が決定した。同映画は、最低な人間たちがあぶりだす”究極の愛”の物語。蒼井優と阿部サダヲがダブル主演を務める。

 ストーリーは、八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子(蒼井優)が、今は15歳上の男・陣治(阿部サダヲ)と暮らしているという設定からスタート。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていたところ、ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら 何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始めるというものだ。

 原作は、「登場人物がみんな最低すぎて誰にも共感できないし、不快。なのにページをめくる手を止められない!」と評判。主演の蒼井優は、「共感は全くできない役だったけれど、ご覧になる方に自ら嫌われる勇気をどこまで持てるのか、試したいと思いました」と十和子の人柄を表現。メガホンをとる白石監督に「最低なヒロインですね」などと話したエピソードも語っている。一方の阿部サダヲは、「食べ方が汚いとか、たんが絡んだ咳をするとか、とにかく汚い男に見せるために、監督と色々相談しました」と、こちらも陣治の人柄を表現。共演した蒼井優については、「今乗ってる女優さんと言ったらこの人!最近は迫力も出てますよね。実際すっごい迫力ありました(笑)」など、蒼井の迫真の演技を笑いを交えながら賞賛している。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top