GReeeeNの「愛唄」がショートムービー化!母と娘の心温まるリアルストーリー | RBB TODAY

GReeeeNの「愛唄」がショートムービー化!母と娘の心温まるリアルストーリー

エンタメ その他

GReeeeNの「愛唄」がショートムービー化!母と娘の心温まるリアルストーリー
  • GReeeeNの「愛唄」がショートムービー化!母と娘の心温まるリアルストーリー
  • GReeeeNの「愛唄」がショートムービー化!母と娘の心温まるリアルストーリー
  • GReeeeNの「愛唄」がショートムービー化!母と娘の心温まるリアルストーリー
  • GReeeeNの「愛唄」がショートムービー化!母と娘の心温まるリアルストーリー
 明日24日にデビュー10周年を迎え、初のシングルコレクション「ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~」をリリースするGReeeeN。これらを記念して、特設サイトでは、「僕と、私と、GReeeeNと。」と題されて、GReeeeNの楽曲にまつわるエピソードが募集されていた。企画に対して集まった投稿は約3,000件で、GReeeeNの楽曲を聴いて受験に臨んだ思い出や、今はもう逢えない大切な人との思い出、甘酸っぱい初恋の思い出などたくさんの声が寄せられたという。

 そして今回、「antenna」とのコラボ企画として、投稿されたエピソードを基にした、ショートムービーが作成されている。使用されたのは、GReeeeNの大ヒット曲「愛唄」で、タイトルは「GReeeeN 『愛唄』 娘の演奏会 篇」。ラブソングの大定番として人気の「愛唄」だが、今回のショートムービーでは、とある母娘をつなぐ楽曲として使用されている。

 ショートムービーは「愛唄」が発売された当時、長女を出産した母親からの投稿を基に作られた。9歳になった娘は、ブラスバンド部で「愛唄」の演奏をすることになる。成長する娘とそれを見守る母。母娘のテーマソングとして「愛唄」はかけがえの無い楽曲となっていたようだ。実際に投稿されたエピソードは、以下の通り。

『2007年5月に『愛唄』が発売されその数日後に私は長女を出産しました。 GReeeeNをまだ知らず、出産した産院で初めて『愛唄』を聴きました。恋愛の歌詞なのにその時はただこれからの子育てを想像して。 それまで音楽に関心がなかった私にGReeeeNは音楽の素晴らしさを教えてくれ、あっという間に惹き付けられて、子育てと共にGReeeeNを毎日聴き続けてきました。 その娘も今年9歳、小学3年になりブラスバンド部に入部しました。 市内の小中学校が集まる音楽祭で娘の学校が選んだ曲目が『愛唄』です。 小さい体でユーフォニウムという大きな楽器で演奏している娘の姿に感動しました。 『愛唄』、そして6年生の希望で卒業式に向けて練習している『遥か』… 自分で大好きなGReeeeNの曲を奏でる喜びを知ることも出来ました。 私にとっても娘にとってもGReeeeNはいつも側にいてくれ寄り添ってくれました。』

 なお、24日に発売となる「ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~」の価格は、初回限定盤 (CD 2枚組 + DVD 2枚組)が税込4,200円、通常盤 (CD 2枚組)が税込3,000円。「道」や「愛唄」のほか、「旅立ち」や「キセキ」「歩み」「刹那」「遥か」「愛し君へ」など、たくさんの名曲が収録されているので、こちらも要注目だ。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top