キングコング西野、大ヒット絵本『えんとつ町のプペル』をネット上で無料公開 | RBB TODAY

キングコング西野、大ヒット絵本『えんとつ町のプペル』をネット上で無料公開

キングコングの西野亮廣は19日、自身のブログを更新し、大ヒットとなっている絵本『えんとつ町のプペル』をインターネット上で無料公開すると発表した。

エンタメ ブログ
西野亮廣さん
  • 西野亮廣さん
 キングコングの西野亮廣は19日、自身のブログを更新し、大ヒットとなっている絵本『えんとつ町のプペル』をインターネット上で無料公開すると発表した。

 「お金の奴隷解放宣言。」とのタイトルで公開されたエントリーでは、今回の発表に至った経緯を説明。『えんとつ町のプペル』は2,000円という価格設定で販売されているが、西野のもとに小学生から、「2000円は高い。自分で買えない」との意見が寄せられたという。

 西野は2,000円という価格設定について、「色を綺麗に出す為に特殊なインクを使っていて、使用するインクの数も一般的な作品より多く、そしてページ数も多いので、2000円という値段設定はギリギリまで頑張った」としているが、一方で「たしかに、小学生からしてみると大金で、自分の意思で買うことは難しい」との考えがうまれ、数日間気にかかっていたという。

 「自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった『お金』という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。」そんな非合理な状況に気付いたことから、今回の決断にいたったそうだ。

 もちろん、商品を無料で公開することに対しては葛藤もあったというが、最終的には、「『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値がある」と考えて、納得したという。

 23万部を売り上げているという『えんとつ町のプペル』は、Spotlightにて無料公開中で、同時に絵本の販売も継続される。
《KT》

関連ニュース

特集

page top