紛失&盗難防止用のIoTタグが家電量販店で発売開始へ | RBB TODAY

紛失&盗難防止用のIoTタグが家電量販店で発売開始へ

 MAMORIOは13日、小型の紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」を全国のヨドバシカメラ店舗とヨドバシ・ドット・コムにてワイヤレスゲートが取扱い、同日から販売開始することを発表した。

IT・デジタル セキュリティ
MAMORIOはSDカードとほぼ同サイズの小型BLE端末。リチウム電池で約1年間稼働する。認知症患者見守り用の「Me-MAMORIO」や、IoT手袋「MAMORIOグローブ」などの関連製品の展開も行われている(画像はプレスリリースより)
  • MAMORIOはSDカードとほぼ同サイズの小型BLE端末。リチウム電池で約1年間稼働する。認知症患者見守り用の「Me-MAMORIO」や、IoT手袋「MAMORIOグローブ」などの関連製品の展開も行われている(画像はプレスリリースより)
 MAMORIOは13日、小型の紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」を全国のヨドバシカメラ店舗とヨドバシ・ドット・コムにてワイヤレスゲートが取扱い、同日から販売開始することを発表した。

 Bluetooth Low Energyを採用したタグ状の小型IoTデバイス「MAMORIO」は、鍵や小物をはじめとした「大切なもの」に取り付けてスマートフォンと連携して使用するもので、置き忘れ防止アラートと紛失場所の地図表示、ユーザの相互捜索によるクラウドトラッキングなどが可能となる。

 手元から離れるとスマートフォンへの通知が行われ、MAMORIOアプリを使用しているユーザー間での端末が持つ位置情報の共有により、紛失物を見つけ出すことも可能としている。

 これまでMAMORIOの販売は直販を中心に展開されており、大手家電量販店での販売展開は初となる。価格は税込3,780円。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top