劇団ひとり、記憶なくして妻の大沢あかねを襲う | RBB TODAY

劇団ひとり、記憶なくして妻の大沢あかねを襲う

 22日放送の『中居正広のミになる図書館』にて、劇団ひとりが、意識を失ったエピソードを告白した。

エンタメ 映画・ドラマ
劇団ひとり、記憶なくして妻の大沢あかねを襲う
  • 劇団ひとり、記憶なくして妻の大沢あかねを襲う
  • 劇団ひとりさん
 22日放送の『中居正広のミになる図書館』にて、劇団ひとりが意識を失ったエピソードを告白した。

 39歳の劇団ひとり。年齢のせいなのかコントの最中に気を失ったことがあると話すと、参加者から驚きの声が。しかし、もっと周囲を驚かせたのは今年3回お酒を飲んで記憶がとんだという告白だった。

 「一番怖かったのは、夜中にバッと起きたら自分が誰かわからない。ここどこだろう、俺誰だろうってなっちゃって横に奥さんがいるんだけど、誰なんだろうって……」と話すと、「怖い」「大沢あかねだよ」との声が。「大沢あかねなんだけど、なんか触ってもよさそうだな、そういう関係なんじゃなないかと思って、バって襲っちゃった」と話した。妻の大沢あかねからは「何してんの!?」と驚かれたらしいが、「へへへへ、とごまかして我にかえった」という。

 この日の番組のテーマは、年齢とともに「あるある」を話すというものだったが、劇団ひとりは「疲れとか……」とエピソードの原因を振り返った。

【注目ワード】逃げ恥
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top