目線検知で居眠り&よそ見を警告!車載用居眠り検知器 | RBB TODAY

目線検知で居眠り&よそ見を警告!車載用居眠り検知器

IT・デジタル ハードウェア

赤外線対応CMOSカメラでドライバーの目の動きをモニタリングし、一定時間目を検知できない状態が続くと警告音で知らせる(画像は公式Webサイトより)
  • 赤外線対応CMOSカメラでドライバーの目の動きをモニタリングし、一定時間目を検知できない状態が続くと警告音で知らせる(画像は公式Webサイトより)
  • 本体サイズは92×24×46mmとコンパクトなので、設置しても運転の妨げにはならない。赤外線対応なので夜間やサングラス着用時でも検知できる(画像は公式Webサイトより)
 家電量販店のノジマは、居眠り運転や脇見運転を感知する「居眠りバスター EK-SW01」を11月下旬から発売する。同製品は、自社で企画・販売するプライベートブランド「ELSONIC」にラインナップされている。

 同製品をハンドルの中央前部分に設置し、カメラでがライバーの目の動きを感知。居眠りやよそ見で一定時間目線を感知できない状態が続くと警告音で知らせるという仕組みとなる。

 本体サイズは92×24×46mm、重さは約80g(スタンド含む)とコンパクトなので、設置しても運転の妨げにはならないのが魅力。センサーカメラは赤外線に対応しており、夜間の運転時や眼鏡・サングラス着用時でも感知できるそうだ。そしてセンサーの認識感度は0.4秒、0.7秒、1秒の3段階から選ぶことができる。

 価格は19,800円(税別)。ノジマ全店とノジマオンラインで購入可能。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

編集部のおすすめ記事

特集

page top