裸エプロンで料理!世界が注目するシェフに思わず目が釘付け! | RBB TODAY

裸エプロンで料理!世界が注目するシェフに思わず目が釘付け!

「裸のシェフ」が話題となっている。「裸のシェフ」の正体は、ペルー出身で元モデル、ニューヨークでペルー料理レストランBABY BRASAを営む、フランコ・ノリエガさん。

エンタメ ブログ
 「裸のシェフ」が話題となっている。「裸のシェフ」の正体は、ペルー出身で元モデル、ニューヨークでペルー料理レストランBABY BRASAを営む、フランコ・ノリエガさん。

 米「コスモポリタン」誌や海外の各ニュースサイトなどで取り上げられ、アメリカ版「徹子の部屋」と言われている「エレン・デジェネレス・ショー」にも登場、話題沸騰中なのが彼が文字通り「裸で」料理をするYouTubeだ。  

 「FRANCO COOKS」という番組名でプリンやアサイーボウルなどを手際よく、調理法を説明しながらクッキングするノリエガさんは、基本ボクサーパンツ一丁。しかも、この体がすごい。シックスパックはおろか、もうギリシア彫刻と見まごうばかりのスマートなマッチョなのだ。

 経営するレストランの店長のプロフィール写真や、出演したエレンのショーではおわゆる「裸エプロン」状態と、とにかくデフォルトが「裸」のシェフだ。料理はどちらかといえばシンプルなもの、いわゆる「男の料理」いや、「裸の男の料理」というところだろうか。

 ノリエガさんは元水泳選手でもあり、インタビューで「家に帰ったら服を脱ぐ、それが僕らしいライフスタイルだから」と、服を脱いで調理することについて答えたことも。確かに元水泳選手で、肉体派モデルなら、裸が基本なのも頷けないこともない。

 Youtubeではノリエガさんの母国語で話しているが(時々英語が交じる)「何を言っているかわからないけど、思わず目が釘付け!」「またおなかすいちゃった!」と裸のシェフに釘付けのファンを続々と獲得中の模様だ。
《築島 渉》
page top