JAL、整備用器材をIoTで管理 | RBB TODAY

JAL、整備用器材をIoTで管理

日本航空(JAL)は、MAMORIOのIoT(モノのインターネット)デバイスを活用して、機体整備用器材の位置管理についての実証実験を行う。

IT・デジタル その他
MAMORIOのIoTデバイスを活用した整備用器材の位置管理についての実証実験
  • MAMORIOのIoTデバイスを活用した整備用器材の位置管理についての実証実験
日本航空(JAL)は、MAMORIOのIoT(モノのインターネット)デバイスを活用して、機体整備用器材の位置管理についての実証実験を行う。

JALグループの航空機整備会社であるJALエンジニアリングが中心となり、世界最小クラスの紛失防止IoT製品「MAMORIO」を利用したプラットフォームを展開するMAMORIOと共同で、JALの航空機整備に用いる器材(作業台など)の管理にIoT技術の導入を検討するため、実証実験を行うもの。

実験に用いる作業台は、整備場や駐機場のさまざまな場所に移動させて航空機整備に使用する可動式の器材。従来はトランシーバーなどで整備士が位置情報を確認していた。ただ、台数が約200台あり、移動するため、メインテナンスセンターでリアルタイムで一括集中管理することが難しかった。

MAMORIOは、「なくすを、なくす。みんなでさがす。」をスローガンに、従来は個人の所有物を対象とした紛失防止製品を開発している。この技術を企業の資産管理にも活用することを検討、BtoBビジネスへの参入に向け、実証実験の機会を模索していた。

こうした中、両社のニーズがマッチし、今回の取り組みが実現した。PCなどのデバイス上で、その時点の作業台の位置を瞬時に確認できるようにすることで、器材管理の効率化が図る。まず作業台140台にMAMORIOを取り付けて資産管理効率化の実験を行う。

JAL、整備用器材をIoTで管理---実証実験を実施

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top