近未来的なウェアラブルプロジェクト「Sarotis」が斬新! Google Tangoと連携も可能 | RBB TODAY

近未来的なウェアラブルプロジェクト「Sarotis」が斬新! Google Tangoと連携も可能

IT・デジタル モバイル

近未来的なウェアラブルプロジェクト「Sarotis」が斬新! Google Tangoと連携も可能
  • 近未来的なウェアラブルプロジェクト「Sarotis」が斬新! Google Tangoと連携も可能
  • 近未来的なウェアラブルプロジェクト「Sarotis」が斬新! Google Tangoと連携も可能
  • 近未来的なウェアラブルプロジェクト「Sarotis」が斬新! Google Tangoと連携も可能
 ウェアラブル市場が活気付いているが、ロンドン大学の研究機関Interactive Architecture Labの「Sarotis」と呼ばれるプロジェクトがなかなか近未来的だ。

 「Sarotis」では、柔らかな独自の流体ヒドロゲルインターフェイスがユーザーの体を包み、周囲の状況を空気や液体の出し入れによる伸縮でユーザーに伝える。

 これは、主に視覚障害者向けに研究が進められている技術ではあるが、Googleの空間認識プロジェクト「Tabgo」と連携しているため、さらなる応用として、先の物理的な空間内だけでなく、拡張空間内でも利用可能。

 すでにその成否を確かめる検証が行われており、公開されたショートフィルム内では、拡張現実内に配置された障害物をデバイスが感知し、それをユーザーに知らせる様子が確認できる。

 かなりシリアスな研究ではあるのだが、ショートフィルムのメイキングがなかなかのインパクトなので、ぜひその目で一度どのような技術かチェックしてみてほしい。


《Tsujimura》

特集

page top