Twitter、約108億円の損失を計上…従業員9%をリストラへ | RBB TODAY

Twitter、約108億円の損失を計上…従業員9%をリストラへ

Twitterは、同社2016年第3四半期決算(7~9月期)を発表した。

IT・デジタル スマートフォン
Twitter (C)Getty Images
  • Twitter (C)Getty Images
  • Twitter、約108億円の損失を計上…従業員9%をリストラへ
  • Twitter、約108億円の損失を計上…従業員9%をリストラへ
  • Twitter、約108億円の損失を計上…従業員9%をリストラへ
  • Twitter、約108億円の損失を計上…従業員9%をリストラへ
 Twitterは、同社2016年第3四半期決算(7~9月期)を発表した。

 現地時間27日に発行されたリリースによれば、同四半期の売上高は、約6.16億ドル(約647億円、対前年同期比8%増)、GAAPベース(米国会計基準)では当期純損失が約1.03億ドル(約108億円)、月間アクティブユーザー数は約3.17億人(対前年同期比3%増)、デイリーアクティブユーザー数は全体の7%(前年同期は同5%)などとなった。売上高が伸び、前年同期の損失額(約1.32億ドル)よりはやや改善したものの、大幅な赤字を計上していることに違いはない。これは、サービス原価(Cost of revenue)および研究開発費が膨らんだことにも原因がある。

 こうした状況から、同社は2017年以降の採算性を考え、全体の約9%にあたる従業員をグローバルで解雇し、組織再編、縮小化を行うと発表した。対象は、セールスおよびマーケティング担当の人員が中心。リストラによって得た資金は、中核分野への投資に回し、収益向上を狙う。

 同社はこのところ身売り報道に揺れている。当初、決算発表までに買収主の決定を目指しているとされたが、結果的にはこの日を迎えた。一時は、Googleやディズニーが買収するのではないかと噂されていたが、その後、各社とも動かず、最有力とされたCRM大手の米セールスフォースが撤退し、その行末はますますわからない状況となった。
《KT》

関連ニュース

特集

page top