ドコモ新社長、650円スマホやdポイント強化など新戦略を次々に発表!セルラードローンなど先端技術も 4ページ目 | RBB TODAY

ドコモ新社長、650円スマホやdポイント強化など新戦略を次々に発表!セルラードローンなど先端技術も

NTTドコモが開催した新商品発表会にて、社長の吉澤和弘氏が「3つのMORE(モア)」と題して、これからドコモが展開するビジネス戦略の内容を語った。

IT・デジタル スマートフォン
ドコモの吉澤社長
  • ドコモの吉澤社長
  • 女優の高畑充希も発表会に参加した
  • 来年三月からプレミアム4Gの高速ネットワークがさらに強化される
  • ドローンを使ったサービスの概要を説明する吉澤氏
  • 福岡市で食品・日用品のデリバリーサービスの実証実験をはじめる
  • 会話の内容をリアルタイムにテキスト化する「みえる電話」
  • dプリペイドカードも新しく加わる
  • ポインコ兄弟も発表会に登場
 そしてもう一つ、ドローンに関するドコモの新しいビジネスモデルも紹介された。同社はすでに仙台市、新潟市とのコラボレーションにより、ドローンを活用した実験的な防災、農業等のためのサービスの検証を始めている。今回はドローンにドコモの通信技術をビルトインした「セルラードローン」のコンセプトを立ち上げた。

 ドローンにドコモの携帯電話ネットワークを搭載し、リアルタイムのデータ転送や機体の遠隔制御を可能にする。目視外でドローンの長距離からの遠隔操作が可能になる。11月から福岡市と共に、離島に住む個人宅へドローンを使って食料や日用品をデリバリーする「買い物代行」の実証実験が始まる予定だ。

 吉沢氏は「ドローンにかかわる今後の制度整備の状況をみながら、当社ではセルラードローンによる新しいサービスを実証実験の段階からいろいろと模索していくつもりだ。まずはセルラードローンの安定した運行を実現して、さまざまな生活サポートを実現するアイデアを広げていきたい。今日が“ドコモ・ドローンプロジェクト”の起ち上げだ」と宣言した。

 記者会見後の囲み取材の場で、吉澤氏はこれからも端末だけでなく、その周辺にドコモらしいユーザーに寄り添ったサービスをつなげていきたいと語り、「その可能性はまだまだ広がるだろう」とし、今後の成長戦略に手応えを感じている様子をみせた。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top