ドコモ、冬モデル発表!約650円の格安スマホ対抗モデル、Xperia XZ/X Compactなど13機種 | RBB TODAY

ドコモ、冬モデル発表!約650円の格安スマホ対抗モデル、Xperia XZ/X Compactなど13機種

IT・デジタル モバイル

ドコモ、冬モデル発表!約650円の格安スマホ対抗モデル、Xperia XZ/X Compactなど13機種
  • ドコモ、冬モデル発表!約650円の格安スマホ対抗モデル、Xperia XZ/X Compactなど13機種
  • SO-02J
  • SO-01J
  • MO-01J
  • DM-01J
  • L-01J
  • F-01J
  • MO-01J
 ドコモは19日、Androidスマートフォン7機種をはじめ、2016年冬の新モデル13機種を発表した。ソニーモバイルのフラッグシップ端末「Xperia XZ」や同社のコンパクト機「Xperia X Compact」、LGのハイエンド端末「V20 PRO」、端末価格約650円の格安スマホ対抗モデル「MONO」など注目機が揃った。

※格安スマホをチェックする

 ドコモによる、LTEをさらに高度化したLTE-Advancedの通信方式を活用するネットワーク通信サービス「PREMIUM 4G」は、「MIMO拡張」や「QAM拡張」の技術導入により、2017年3月に国内最速となる500Mbpsへ到達を予定。東名阪約70都市で500Mbps超、また東名阪以外でも全国約730都市で400Mbps超の高速LTEネットワークが利用可能になるという。今回発表の端末もソニーモバイルのXperia XZと、LGのV20 PROがこれをサポートすることになりそうだ。

 スマートフォンは新たに256QAMを利用して、2GHz/1.7GHz/800MHzの帯域を束ねるキャリアアグリゲーションにより受信時最高速度500Mbpsを実現。モバイルWi-Fiルーターは4×4 MIMOにより受信時最高682Mbpsの高速通信のサポートへと向かう。

 スマホに搭載されている加速度、ジャイロ、近接センサーをドコモが独自に開発したアプリで制御しながら、電話の応答や発信など基本操作がより手早くできるようになる「スグ電」は、2016年夏新製品に搭載された機能がさらに進化。スマホを振ると通話履歴画面を表示したり、2回振ると通話を切れる機能を追加して使い勝手を向上させた。新しいスグ電はキッズケータイを除く全てのモデルが搭載する。

■ハイエンドシリーズの新しい最上位機種「Xperia XZ」

 今年の秋に発表されたXperiaシリーズの新しいフラグシップモデル「Xperia XZ」はドコモからも発売されることが決まり、これで国内3キャリアが取り扱うことが明らかになった。ドコモも日本だけのカラバリとなる「ディープピンク」を揃える4色で展開する。発売予定時期は11月上旬。

 ディスプレイは約5.2インチのフルHD解像度。CPUのチップセットにはクアルコムのSnapdragon 820を採用する。本体は防水・防塵対応。

 特徴は新開発の「トリプルイメージセンシング技術」により、AF性能や色再現性を高めた静止画撮影と、動画撮影時に効果を発揮する5軸手ブレ補正を採用する23MPの高機能カメラ。インカメラも13.2MPと高画質。音楽再生はソニーの独自技術DSEE HXの採用により、CDリッピングやMP3ダウンロード音源もハイレゾ相当の高音質で楽しめる。

 バッテリーの容量は2,900mAh。さらなる長寿命化を実現する「いたわり充電」の機能も搭載。高速のプレミアム4G対応により音楽・動画配信も快適に楽しめる。

■人気のコンパクト機「Xperia X Compact」は国内ドコモのみ取扱い

 こちらも秋にグローバルモデルが発表されたシリーズのコンパクト機「Xperia X Compact」が、日本国内ではドコモが単独で展開することが発表された。発売予定時期は11月上旬。キャリアの型番はSO-02J。カラーバリエーションはミストブルー/ホワイト/ユニバーサルブラックのほか、日本ではソフトピンクも販売される。

 またグローバルモデルは非対応だった本体の防水・防塵仕様をサポートした。USB Type-C端子もキャップレス防水対応だ。

 画面サイズは約4.6インチ、解像度は1280×720画素。CPUのチップセットにはXperia XZよりも下位にあたるクアルコムのSnapdragon 650を採用する。RAMは3GB、内蔵ストレージは32GB。LTEネットワークの最高通信速度は下り262.5Mbpsまで。

 Xperia XZと同等のハイクラスなメインカメラと周辺機能を搭載。インカメラは5MP。音楽再生はハイレゾ対応で、DSEE HXのアップコンバート機能も搭載している。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top