GoProのドローン「Karma」で新しい映像表現が可能に | RBB TODAY

GoProのドローン「Karma」で新しい映像表現が可能に

IT・デジタル モバイル

GoPro『Karma』参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma』参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma』参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma』参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma』参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma』参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma』参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma 』のコントローラー 参考画像(2016年9月28日)
  • GoPro『Karma 』のコントローラー 参考画像(2016年9月28日)
アクションカメラの代名詞とも言えるGoProの新モデルが発表されました。今回、最大の注目はGoProが『ドローンを超えたドローン』として満を持して発表したドローンのKarmaです。

9月28日に東京都内で行われたメディア向けプレゼンテーションでGoPro担当者は、「Karmaはドローンの一部ではありません。カテゴリーとしてはドローンのひとつではないのです。Karmaは我々のなかではアクセサリーになるのですね」と紹介しています。

「カメラって手で撮るだけですか?手から離れたものがあってもいいじゃないですか」

なるほど。たしかに空から撮ってもいいですよね。手だけでは撮れなかった、鳥のような視点の撮影では新しい映像表現が可能になるでしょう。

GoPro『Karma』




ドローンマークが表示されてます
Karmaはドローンとして空を飛ぶだけではありません。3軸スタビライザーを
ボディーから取り外して、同梱の「Karma Grip」に取り付けることで手持ちにしたり、別のアクセサリーにマウントすることもできます。

GoPro『Karma Grip』に取り付けるとこんな感じ
3軸スタビライザーによって、手持ちにして振り回してもカメラが安定しています。デモンストレーションを見て、さらに実際に手に取ってみて感動しました。ヌルヌルと生き物のように動いてくれました。


また、Karmaはコンパクトに折りたたむことができるのも魅力です。コントローラーなどひとまとめにして専用バッグパックで持ち運びができます。

Karmaを専用バッグパックに収納
背負って持ち運びができます
コントローラーはタッチパネルで操作も簡単
Karmaは米国で10月23日に発売予定ですが、国内の発売時期は未定。ドローンとしてはもちろんですが、Karma Gripも使うことでよりGoProの世界を楽しむことができそうです。

米国ではKARMAのみ(GoProカメラ無し)が799.99ドル、KARMAとHERO5 Blackのセットが1099.99ドル、KARMAとHERO5 Sessionのセットが999.99ドル(2017年初頭発売)で用意されます。

GoProのドローン「Karma」で新しい映像表現が可能に…「カメラって手で撮るだけですか?」

《五味渕秀行@CycleStyle》

関連ニュース

特集

page top