災害時の行動を見える化し分析、渋谷の被災訓練で実施 | RBB TODAY

災害時の行動を見える化し分析、渋谷の被災訓練で実施

IT・デジタル その他

避難経路モニタリングシステム(見える化システム)のイメージ図。電子証明書によって認証された人だけが見える化システムにアクセス可能(画像はプレスリリースより)
  • 避難経路モニタリングシステム(見える化システム)のイメージ図。電子証明書によって認証された人だけが見える化システムにアクセス可能(画像はプレスリリースより)
  • 避難訓練ルートの画面イメージ。渋谷の繁華街を避難し、その避難経路が発災時に安全かどうかを検証する(画像はプレスリリースより)
  • 都市型災害ではビルの倒壊や落下物等、平時には最短の経路であっても発災時には極めて危険な経路に変化する場合がある(画像はプレスリリースより)
  • 「Shibuya Camp」は大規模地震を想定し、代々木公園で実際に1泊2日のキャンプを行って自分を助ける力を磨く、新しいスタイルの防災訓練(画像はプレスリリースより)
 サイバートラストとユビキタスの両社は、東京・代々木公園で9月3日から4日に開催される、都市型被災訓練「Shibuya Camp 2016」において、スマートフォンの位置情報機能とクラウドを活用した「避難経路モニタリングシステム」(見える化システム)を支援提供することを発表した。

 「Shibuya Camp」は、参加者に代々木公園で1泊2日のキャンプを実際に行ってもらい、自分を助ける力を磨く新しいスタイルの防災訓練となる。「避難経路モニタリングシステム」に関しては、「Shibuya Camp 2016」の一環として、渋谷の繁華街を避難し、その避難経路が発災時に安全かどうかを検証し、正しい避難経路の選び方を身につけるというフィールドワークを実施する。

 今回両社はスマートフォンのGPS機能と通信機能を活用した位置情報確認アプリと、参加者が自ら適切と判断した経路を捕捉し、クラウド上でデータベース化し、地図上にその経路を再現することで見える化するシステムを支援提供する。

 参加者は自ら判断した経路の妥当性をトレーナーと検証したり、実際の経路と防災マップを重ね合わせることで、避難経路に対する危険性を的確に判断できる能力を養うことを目的としている。

 両社が提供する位置情報確認アプリは、あらかじめスマートフォンに格納された電子証明書で本人認証を行うことで「なりすまし」を排除するとともに、クラウドシステム側でも電子証明書を設定し、SSL通信で暗号化した上で高速にデータ収集・蓄積を行う。これにより「いつ」「誰が」「どこ」という情報を安全にデータベース化でき、電子証明書によって認証された人だけが見える化システムにアクセスできる。

 プライバシーに配慮したセキュアな位置情報確認アプリは、今回の取り組みのような防災訓練の見える化だけでなく、高齢者の見守りシステムや災害時安否確認システム、入退館システムやドローン制御システム、輸送機自動運転システムなど、様々なIoTシステムへの活用が見込まれることから、今後両社はセキュアIoTプラットフォームの中核アプリとしてさまざまな市場展開を行っていくという。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top