話題のスマートロックにNFC対応のオフィス仕様モデルが登場 | RBB TODAY

話題のスマートロックにNFC対応のオフィス仕様モデルが登場

IT・デジタル セキュリティ

NFC対応のオフィス向けスマートロック「Akerun Pro」。開閉履歴は「Akerun Manager」で一括管理可能(画像はプレスリリースより)
  • NFC対応のオフィス向けスマートロック「Akerun Pro」。開閉履歴は「Akerun Manager」で一括管理可能(画像はプレスリリースより)
  • 設置は簡単で、既存の鍵の上に特殊な接合テープで貼り付けるだけで設置できる。ビス止めによる設置も可能(画像はプレスリリースより)
  • 設置イメージ(室内側)。左からNFC Reader、ドアセンサー、Akerun Proとなる。全て貼り付けるだけで設置可能(画像はプレスリリースより)
  • スマートフォンで解錠・施錠が可能。より高い基本機能が求められるオフィス向けとして、電池持ち、速度、セキュリティ機能などを改善した(画像はプレスリリースより)
  • スマートフォンを持っていない人でも、手持ちのSuicaやPASMOを鍵として利用できる(画像はプレスリリースより)
  • 室内側からはプッシュするだけで解錠可能。またドアセンサーで扉開閉を検知することでオートロックを実現している(画像はプレスリリースより)
 フォトシンスは7日、後付け型スマートロック「Akerun」のオフィス向け新製品となる「Akerun Pro」を発表した。23日から順次発送を開始する。

 個人の住宅よりも開閉回数が多いオフィスでの利用に対応するため、同製品では、従来製品と比べ電池容量を2倍に増量。CR123Aリチウム電池8本で1日100回×1年間の使用が可能だ。さらにACアダプタによる外部給電や停電時のバッテリー駆動にも対応している。

 また、従来のスマートフォンアプリやブラウザ上での遠隔開錠に加え、新たにNFCに対応。手持ちのSuicaやPASMOを鍵として使用することができ、正確な開閉履歴の取得も可能になった。取得したデータはWeb上の管理画面「Akerun Manager」で一括管理することができる。

 さらにAPI連携により、さまざまな機能を追加することができる。例えば誕生日のスタッフが出社したらバースデーメロディを鳴らしたり、緊急地震速報が流れたら警告音が鳴り、ロックを自動で解除するといった活用が可能だという。

 導入に際しては、月額制のレンタルプランで提供される。販売目標は3年で1万台。利用料金は1か月9,500円、1年一括プランの場合は102,600円(月換算8,550円)となる。価格はいずれも税別。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top