AIと画像認識で運転手の状態を可視化! オムロンの車載センサー | RBB TODAY

AIと画像認識で運転手の状態を可視化! オムロンの車載センサー

IT・デジタル その他

「ドライバー運転集中度センシング技術」の概要。ドライバーが運転に適した状態かどうかを、リアルタイムにレベル分けして判定する(画像はプレスリリースより)
  • 「ドライバー運転集中度センシング技術」の概要。ドライバーが運転に適した状態かどうかを、リアルタイムにレベル分けして判定する(画像はプレスリリースより)
  • 自動運転時に「どれくらいの時間で運転に復帰できるか」を判定する、「運転復帰レベル」の判定例。判別した結果をもとに車を制御し、路肩に停車するなどの操作を行う(画像はプレスリリースより)
  • 手動運転時に「どれくらい安全に運転を行える状態か」を判定する「危険度レベル」の判定例。レベル分けの段階・基準はユーザーの要望によって変更が可能(画像はプレスリリースより)
 オムロンは6日、ドライバーが安全運転に適した状態かを判定する「ドライバー運転集中度センシング技術」を搭載した車載センサーを開発したと発表した。

 オムロン独自の画像センシング技術に最先端のAI技術「時系列ディープラーニング」を組み合わせ、カメラで撮影した映像からドライバーの多種多様な行動や状態をセンシングするというもの。この技術により、運転に適した状態かどうかをリアルタイムにレベル分けして判定することができる。

 通常こうしたセンシングには複数のカメラやセンサーが必要だが、同技術は「局所的な顔映像」と「大局的な動作映像」の2つの映像として処理することで、居眠り、脇見、スマートフォン操作といったドライバーの状態を手のひらサイズのカメラ1台で判定することができる。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top