【男のモテケース Vol.4】職人の確かな技術が光る!松葉製作所「木製iPhoneケース」 | RBB TODAY

【男のモテケース Vol.4】職人の確かな技術が光る!松葉製作所「木製iPhoneケース」

 こんにちは。弓月ひろみです。先日読者の方から「全て揃えましたがモテ期が来ません」というコメントを頂いたのですが、それはきっと、貴方が気づいていないだけです(多分……)。

IT・デジタル スマートフォン
タレント・文筆家でiPhoneケースを00個以上所持する弓月ひろみがレポートします (C)こばやしかをる
  • タレント・文筆家でiPhoneケースを00個以上所持する弓月ひろみがレポートします (C)こばやしかをる
  • 松葉製作所のiPhoneケース「アフリカンブラックウッド」
  • 松葉製作所のiPhoneケース「アフリカンブラックウッド」
  • 松葉製作所のiPhoneケース「アフリカンブラックウッド」
  • 松葉製作所のiPhoneケース「アフリカンブラックウッド」
  • 松葉製作所のiPhoneケース「アフリカンブラックウッド」
  • 松葉製作所のiPhoneケース「アフリカンブラックウッド」
 こんにちは。弓月ひろみです。Over40世代のiPhoneユーザーの男性に"持ってほしい"と思う好感度抜群のiPhoneケースを紹介する連載、4回目です。先日読者の方から「全て揃えましたがモテ期が来ません」というコメントを頂いたのですが、それはきっと、貴方が気づいていないだけです(多分……)。さて、40代のモテに大切と思われる「オジサンっぽくない」「色気がある」「清潔感がある」弓月主観のモテケースを、本日もご紹介いたしましょう。

 今日ご紹介するのは、松葉製作所の「アフリカンブラックウッド」。まずは、写真をご覧下さい。実はこれ、無垢板を精密に削り出して作られた「木製iPhoneケース」です。ナチュラルウッド以外、木以外のパーツはひとつもない、木、そのもののケース。そして無着色。自然のままの天然色なんです。

 このケースを作る「松葉製作所」は、モノづくりのまち・広島県府中市にあります。創業は70年。もともと、車のエンジン部品などの鋳物型を木で作製する木型屋さんで、iPhoneケースの事業を始めたのは、三代目の松葉寛和さんです。

 SEとしてサラリーマンをしていた彼は、ある日、お父様の運営する木型製作所を継ぐべく、故郷に戻ります。SE時代とは対照的な、25年以上前の古い機械を使って木型を作りはじめた彼は、ある時、いとこのオーダー家具屋さんから、使用されていた古い木材や高級な木材を受け取ります。「これを活かせないだろうか……」。そこで誕生したのが、このiPhoneケースでした。

 切削工程は0.01mm単位で微調整した機械で加工され、機械で削ったあとは、ノミやヤスリなどを使った手作業で、美しい丸みを帯びた形に仕上げられます。目の違うサンドペーパーで丁寧に研磨してから、高級無垢家具に使用する「リボスアルドボス」というオイルを塗布。仕上げは富山県の「尾山製材」蜜蝋クリームを塗って完成です。
《弓月ひろみ》

関連ニュース

特集

page top