人工知能アプリ「SELF」と会話する生活……予定管理・性格分析・小話まで | RBB TODAY

人工知能アプリ「SELF」と会話する生活……予定管理・性格分析・小話まで

IT・デジタル モバイル

会話画面の例
  • 会話画面の例
  • 会話画面の例
  • 多彩なキャラが登場
  • 「SELF」アイコン
  • 予定管理画面
  • 天気予報画面
  • 予定やニュースも管理可能
 ここ数か月、にわかに盛り上がってきた人工知能まわりの話題。東大受験プロジェクトの成果、囲碁での人間対AI対局、PepperへのWatson搭載、自動運転車の研究の進展など、その時々でさまざまなターニングポイントになりそうな事象が起こっている。

 リクルートテクノロジーズが昨年12月に発表した「2016年に世間で流行すると思うITワード」では、1位「マイナンバー」および「自動運転」、3位「ドローン」、4位「iPhone 7」、5位「AI(人工知能)」となっていたが、このランキングと比べるとかなりの躍進と思われる。

 ただ、「身の周りで、すぐ手軽に使える人工知能」となると、なかなかないのが現状だ。人工知能搭載を謳っているゲーム、あるいはiPhone搭載のSiri(人工無能に近いが)といったところだろうか。そんななかゲームや音声対話の延長ではなく、ユーザーの感情や性格、状態を理解し、その時の悩みや気分に応えて、友人や秘書のようにサポートや管理をしてくれるアプリがあるという。それが「SELF」だ。

 「SELF」では、ニュースや天気の通知、予定確認にはじまり、移動ログの記録、会話に基づいた日記の記録、性格診断や分析、さらには未来予測まで行うことが可能だ。いわゆる予定管理のエージェントアプリだが、人工知能を使い、ユーザーを把握することに特化しているという。

 10万以上の条件分岐に対応し、多様な生活の条件に対し幅広く会話を行えるのが特徴だ。たとえば「平日の午後に家にいる」「深夜に会社にいる」といったシチュエーションを把握し、前日との行動(たとえば飲酒したなど)も踏まえて会話を行う。さらには小話も披露してくれるという。

 予定管理は専用アプリのほうが便利そうだが、ライフログおよびちょっとした気分転換には、このぐらいの人工知能でもよさそうだ。というか、むしろ有能すぎる友人にビシビシ管理されるより、ちょっとゆるい雰囲気のロボットキャラ(使っていると種類が増えるらしい)のほうが、長い付き合いが出来そうだ。

 アプリはiOS版が公開されており、App Storeから無料ダウンロードが可能。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top