三脚、手持ち、卓上の3通りでOK! 高性能スマホグリップ | RBB TODAY

三脚、手持ち、卓上の3通りでOK! 高性能スマホグリップ

IT・デジタル モバイル

プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
  • プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」
 プロ用スマートフォングリップ「Shoulderpod S1」が日本でも4月1日から販売がスタートする。

 同製品は制作者や写真家、ブロガーに向けた高性能スマホグリップ。過酷な環境下でも耐えられる素材で作られ、さまざまな本格的用途に向けてデザインされている。特別なツールを必要とせず、時間をかけず素早くマウントし簡単に使用できる。

 使い方は3通りある。ひとつ目は三脚マウントとして。同商品を三脚にセットすれば、スローシャッター撮影やタイムラプス動画撮影など撮影の幅が広がる。ふたつ目は撮影用ハンドグリップとして。グリップ・エクステンションにストラップを取り付ければ、持ち手の指で操作している間もしっかりとホールドしてくれる。三つ目は卓上スタンドとして。S1グリップ単体で縦向き、横向きで自立させることも可能。夜景撮影、街でのタイムラプス動画撮影、カフェでの編集作業や動画の確認まで幅広く使える。

 調整可能なグリップ機構を採用していて、ほとんど全てのスマホに対応。iPhone、Samusng Galaxy、Sony Xperia、Nokia Lumia、Nexusなど、またiPhone 6s Plus、Galaxy Note 4、Xperia Z Ultraといった大型機種でも、どんなモデルでも調整可能なネジと幅広で耐久性の高いラバーパッドによって完璧にホールドしてくれる。またケースが着いていてもそうでなくても、48~93mmの間であればホールドできるそうだ。ただし厚みのあるバッテリー搭載のケースや防水ケースなど一部のモデルに関しては例外もあるという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top