松坂桃李に「馬と並走して」の監督命令 | RBB TODAY

松坂桃李に「馬と並走して」の監督命令

エンタメ 映画・ドラマ

『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
  • 『真田十勇士』クランクアップ会見
“真田イヤー”の2016年、映画公開に合わせ、同時期の舞台上演が決定した一大プロジェクト『真田十勇士』のクランクアップ会見が3月17日(木)、都内で行われ、中村勘九郎(猿飛佐助)、松坂桃李(霧隠才蔵)、大島優子(女忍び・火垂)、堤幸彦監督らが出席した。

口八丁手八丁の佐助が仲間たち=十勇士と協力し、実はヘタレだった武将・真田幸村を“真の名武将”に仕立て上げようと奮闘するアクション時代劇。映画の公開&舞台の上演(14年に上演された同名舞台の再演)を9月、同時期に実施する。

映画と舞台の演出を手がける堤監督は、「盆、暮れ、正月が一緒に来た豪華さ。日本映画ができることをすべて詰め込んだ作品であり、舞台は舞台で2年前の上演を超えなくては。どちらも最高峰を目指している」と血気盛んに宣言。「プレッシャーも感じる」と本音をもらしつつ、「ただいま、鋭意編集中。もてるパワーを叩きつける」と自らを鼓舞していた。

14年の舞台に続いて、佐助を演じる勘九郎さんは、「2年前、冗談で『映画になればいいのに』と言っていたが、まさか実現するなんて」と感無量。映画の主演は約7年ぶりで「戦国時代劇ということで、相当な覚悟で臨んだが、それ以上に夢のような現場だった。大きな誇りになりました」と映画の完成を心待ちにしていた。

同じく2年前の舞台と同じ役柄に挑む松坂さんは、「まるで少年マンガを地で行く撮影だった」と映画ならではの現場をふり返り、「堤監督から馬と並走してくれと言われたときは、さすがに『この人、何言ってるんだろう』って(笑)。しかも、忍者だから腕もふっちゃいけなくて…」と“ムチャぶり”も暴露。また、くノ一役で本格的な時代劇に初チャレンジした大島さんは、「監督はいちいちスゴイんですよ!」と再タッグを機に、“堤組”のスケールの大きさに感嘆していた。

会見には加藤雅也(真田幸村)、大竹しのぶ(淀殿)、永山絢斗(根津甚八)、加藤和樹(由利鎌之助)、高橋光臣(筧十蔵)、石垣佑磨(徳川軍の忍び・仙九郎)、駿河太郎(三好清海)、村井良大(海野六郎)、荒井敦史(三好伊三)、青木健(望月六郎)が出席した。

『真田十勇士』は9月22日(祝・木)より全国にて公開。

松坂桃李、「馬と並走して」のムチャぶりにア然…「この人、何言ってんだろう?」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top