Qrio、スマートロックを自社サービスに組み込めるAPI/SDKを提供へ | RBB TODAY

Qrio、スマートロックを自社サービスに組み込めるAPI/SDKを提供へ

エンタープライズ セキュリティ

不動産業界や民泊などを中心に注目を集めるスマートロック。「Qrio Smart Lock」は、そうしたスマートロックの中でも活発な動きを見せる製品の1つ(画像はプレスリリースより)
  • 不動産業界や民泊などを中心に注目を集めるスマートロック。「Qrio Smart Lock」は、そうしたスマートロックの中でも活発な動きを見せる製品の1つ(画像はプレスリリースより)
  • API/SDKの公開により、Qrioサーバーとの認証部分はQrio社が提供し、フロントエンド部分は各法人が自社サービスとして展開することが可能となる(画像はプレスリリースより)
 Qrioは4日、同社のスマートロック「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」の法人向けAPI、SDKの利用申し込みを受け付け開始した。

 今回提供が開始されるAPIやSDKを利用することで、後付けタイプのスマートロック「Qrio Smart Lock」の操作を導入企業のアプリやサービスに組みことが可能になる。

 想定する導入先としては、不動産業や民泊、オフィスセキュリティなどでスマートロックの業務利用を検討している企業。この取り組みにより、スマートロックのさらなる活用促進を目指していく。

 提供される主な機能は、SDKではスマートロックの開閉、シェアされたキーの受け取り、開閉ログの取得など。APIはスマートロック管理、キーのシェア、キー状態の確認、利用履歴の閲覧などとなる。

 同社は申し込み順にサンプルや仕様の開示を行い、3月からの利用開始を予定している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top