羽生結弦、ちょんまげ姿で映画初出演! 阿部サダヲ「キレイでした」 | RBB TODAY

羽生結弦、ちょんまげ姿で映画初出演! 阿部サダヲ「キレイでした」

エンタメ 映画・ドラマ

映画初出演を果たす羽生結弦(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
  • 映画初出演を果たす羽生結弦(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
  • 映画「殿、利息でござる!」(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
  • 羽生結弦選手【写真:竹内みちまろ】
  • 羽生結弦【写真:竹内みちまろ】
 フィギュアスケート選手の羽生結弦が、5月14日公開の「殿、利息でござる」で映画初出演を果たすことが分かった。

 阿部サダヲ主演の同作は、江戸時代の実話を基にした物語。仙台の宿場町に実在した庶民9人が、藩に”千両=3億円”という大金を貸し、その利子を全住民に配る「宿場救済計画」立て奔走する姿を描く。

 羽生が演じるのは、映画のタイトルにもなっている“殿”である仙台藩藩主・伊達重村。困窮する庶民の前に颯爽と現れる重要な役どころだ。今まで映画などに出演することはなかった羽生だが、映画の舞台が故郷・仙台ということもあり出演を快諾。羽織袴にちょんまげ姿で演技に初挑戦した。撮影を振り返った羽生は、「お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいました」とコメント。「殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください」と語った。

 殿役のキャストは撮影当日まで現場内でも”極秘扱い”だったといい、主演の阿部も「まさか羽生結弦さんとは思いませんでした…」と驚いたという。羽生の初演技については、「現場リハーサルでいきなりぶっつけ芝居だったにもかかわらずセリフも完璧に入っていて素晴らしかったです」と絶賛。「ずっと笑顔で見つめてしまいました(笑)キレイでした(笑)」と共演を振り返った。
《木村》

関連ニュース

特集

page top