高島屋とドコモ、ポイント活用・エリアマーケティングなどで業務提携 | RBB TODAY

高島屋とドコモ、ポイント活用・エリアマーケティングなどで業務提携

エンタープライズ 企業

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 「高島屋」サイト
 高島屋とNTTドコモは28日、業務提携を発表した。高島屋での買物の際に、ドコモの「dポイント」を付与するサービスを開始する。また、貯まったdポイントを買い物にも利用可能とする。

 4月1日から、高島屋での買物の決済に「dカード」等を利用すると、購入額100円ごとに、通常の決済による1ポイントに加え、さらに1ポイント(合計2ポイント)を付与する。4月1日から7月31日までの間は、dカード等を高島屋での決済に利用すると、さらに1ポイント(合計3ポイント)を進呈するキャンペーンを実施する。

 さらに高島屋での買物で、「dカード」「dポイントカード」を提示することで、1回の購入額100円ごとに1ポイントを8月より付与。dカード等の決済によるdポイントとあわせ、高島屋での買物で最大3%のdポイントが貯まるという。貯まったdポイントは、1ポイント1円として利用可能。

 一方、2016年4月の利用分から、ドコモの通信料金決済に、高島屋のクレジットカードであるタカシマヤカード《ゴールド》、タカシマヤカードを使用すると、タカシマヤポイントが通常の2倍進呈される。

 今後は、送客等を目的としたマーケティング施策を共同で実施する方針。高島屋新宿店(新宿南口)周辺におけるエリアマーケティングを2016年春より行うとのこと。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top