デヴィ夫人、ジャニーズ独立報道のSMAP・中居正広ら4人の“勘違い”心配 | RBB TODAY

デヴィ夫人、ジャニーズ独立報道のSMAP・中居正広ら4人の“勘違い”心配

エンタメ その他

 SMAP解散報道を受け、タレントのデヴィ夫人が、ジャニーズ事務所から独立する意向を示していると報じられている中居正広ら4人のメンバーについて「留まるべきでは」と自身の考えを示した。

 デヴィ夫人は14日に更新したブログで、SMAP解散報道に触れた。事務所に留まる意向を示しているとされる木村拓哉について「ジャニーズの恩恵を忘れず、ジャニーズに 留まるとおっしゃっています。これは、万人が非常に素直に 受け止められる決意です」とした一方で、ほかの4人については「私は4人の方々が、何か勘違いをしてはいないかと心配です」とつづった。

 報道では、SMAPの育ての親とされるマネージャーが事務所と対立し独立を決めたところ、中居ら4人は同マネージャーへの恩義から一緒に着いて行く考えだとされている。しかし、デヴィ夫人のいう“勘違い”とは、このマネージャーが敏腕さを発揮できたのは「ジャニーズという絶大なる組織のバック」があってのことで、ひいてはSMAPが国民的アイドルとなり得たのも事務所のおかげだとし、「4人の方々は、ここを忘れてはならないのではないかと思います」とつづった。

 そしてデヴィ夫人は、「マネージャーに心よりの感謝を捧げつつも、全てはジャニーズの偉大さのお蔭と、留まるべきではないでしょうか?その方が、全国のSMAPファンも喜ぶでしょう。独立後の“不安”も消えて」と、ファンのためにも円満な決着を望んだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top