凸版印刷とNTTデータ、次世代型の各種決済サービスの開発で協業 | RBB TODAY

凸版印刷とNTTデータ、次世代型の各種決済サービスの開発で協業

 凸版印刷とNTTデータは7日、次世代型決済サービスの開発で協業することを発表した。第一弾として、凸版印刷が、NTTデータの技術支援のもと、金融業界・流通業界向けに「国際ブランドプリペイドカードASPサービス」を12月より提供開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「NTTデータ」サイト
  • 「NTTデータ」サイト
  • 「凸版印刷」サイト
 凸版印刷とNTTデータは7日、次世代型決済サービスの開発で協業することを発表した。第一弾として、凸版印刷が、NTTデータの技術支援のもと、金融業界・流通業界向けに「国際ブランドプリペイドカードASPサービス」を12月より提供開始する。

 「国際ブランドプリペイドカードASPサービス」は、VISAやMasterCardなどの国際ブランド加盟店で利用可能なプリペイドカード(サーバ管理型)を、発行・管理するためのサービス。プリペイドカードの作成には与信審査が不要となっており、キャッシュレス決済をより簡便に行うことが可能になる見込み。

 さらに両社は、保護者が入出金管理可能な子ども向けプリペイド型決済サービス、訪日外国人向けおもてなしにつながる情報配信機能や決済機能などを融合させたサービス、地域活性化・地域産業の振興に貢献する決済サービス、アクティブシニアを応援するシニア専用マネーなど、生活者目線に立った新決済サービスを開発・提供する計画だ。

 今後両社は、2018年度中に関連受注を含め約100億円の売り上げを目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top