アズビルが収益体制強化を目的に、開発&生産体制などを再編 | RBB TODAY

アズビルが収益体制強化を目的に、開発&生産体制などを再編

エンタープライズ 企業

アズビルは、計測と制御の技術を提供する企業グループで、セキュリティ関連では入退室管理システムやビル管理システムなどを提供している(画像は公式Webサイトより)
  • アズビルは、計測と制御の技術を提供する企業グループで、セキュリティ関連では入退室管理システムやビル管理システムなどを提供している(画像は公式Webサイトより)
 建物向けのセキュリティシステムや工場・プラント向けの各種ソリュショーンを提供しているアズビルは10月30日、中長期の経営計画に基づき、開発・生産体制の再編と、営業・サービス体制の強化を目的とした施策を発表した。

 開発、生産体制の再編という面では、2019年夏までに藤沢テクノセンターを研究・開発拠点として整備し、湘南工場と伊勢原工場を統廃合し、湘南工場に生産体制を集約。

 今後は、藤沢テクノセンターと湘南工場で「開発・生産」を連携しながら効率化及び先進技術の開発に注力していくという。

 ほかにも、グループ企業が扱っている都市ガスメーターの生産拠点も国内5工場から2工場に集約するなど、全体の取り組みとして、固定費を最終的に年間20億円規模で低減していくことを目標としている。

 一方、営業・サービス面では、現在、品川にある事業所を11月末までに大崎に移転し営業部門、施工調整部門を集約した新事業所を設立。また、官公庁への対応を強化する目的から虎ノ門/霞ヶ関に新たな営業所を新設するという。

 これらの取り組みにより、首都圏におけるアフターサービスの強化を図りつつ、グループ内外での技術者などの人材の強化や確保、再配置を進めていく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top