日本郵便、Sansanのクラウド型名刺管理を導入……営業力を強化 | RBB TODAY

日本郵便、Sansanのクラウド型名刺管理を導入……営業力を強化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

『Sansan』の利用イメージ
  • 『Sansan』の利用イメージ
  • JPメディアダイレクトのサービスサイト
 Sansanは13日、日本郵便がクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを発表した。名刺をもとに人脈を共有し、組織営業力を強化するのが目的とのこと。

 日本郵便では従来、名刺管理を担当営業が個人で行っており、本社と全国の各局間で情報共有する仕組みがなかった。今回Sansanを導入することで、新たにデータベースの構築を行う。既存の顧客管理システムとのAPI連携も可能だという。

 まず先行して本社の郵便・物流営業部門と郵便局の営業部門の一部に、Sansanを導入。本社と郵便局の営業部門が連携させる。また、Sansanが5月に発表した「Sansan Open API」の初連携事例として、日本郵政グループのJPメディアダイレクトが新サービスを近日リリース予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top