ALSOK、ガードマンの携行モバイル端末を「タフパッド」にリニューアル | RBB TODAY

ALSOK、ガードマンの携行モバイル端末を「タフパッド」にリニューアル

 綜合警備保障(ALSOK)は8日、「隊員指令システム」のモバイル端末を、パナソニック システムネットワークス製「タフパッドFZ-X1」などにリニューアルすることを発表した。「タフパッドFZ-X1」の導入台数としては国内最大規模とのこと。

エンタープライズ モバイルBIZ
「タフパッドFZ-X1」
  • 「タフパッドFZ-X1」
  • 「タフパッドFZ-X1」利用イメージ
  • 「隊員指令システム」イメージ
  • 「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」イメージ
 綜合警備保障(ALSOK)は8日、「隊員指令システム」のモバイル端末を、パナソニック システムネットワークス製「タフパッドFZ-X1」などにリニューアルすることを発表した。「タフパッドFZ-X1」の導入台数としては国内最大規模とのこと。

 「隊員指令システム」は、オフィスや個人宅等の警備先からの警報をガードセンターが感知し、現場に一番近いガードマンをGPS機能により自動的に決定・指示するシステムだ。KDDIの通信サービスを活用して運用しており、今回のリニューアルにより、従来の文字・音声に加え、画像による指令を可能とする。警備機器のマニュアルや操作方法を画像で表示可能とし、現場の対応力を向上させるのが狙い。将来的には、要注意人物の画像認識による確認などにも使用するという。

 すでにALSOKでは、都市空間向けの警備サービス「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」の実証実験を行っており、ウェアラブルカメラとタフスマホを身に着けたガードマンが、画像解析を行うデータセンターと連携し、特定人物を発見したりする利用方法を検討中とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top