ISO感度400万相当の超高感度多目的カメラ初号機「ME20F-SH」を発売……キヤノン | RBB TODAY

ISO感度400万相当の超高感度多目的カメラ初号機「ME20F-SH」を発売……キヤノン

 キヤノンは30日、超高感度撮影が可能な多目的カメラ「ME20F-SH」を12月上旬より発売開始することを発表した。肉眼では被写体の識別が困難な暗闇でも、ノイズが少ないカラー映像をフルHDで撮影することを可能としている。

エンタープライズ ハードウェア
外部レコーダーやモニター出力に対応する3G/HD-SDI端子、HDMI端子などを備える。本体重量は1.1kg(画像はプレスリリースより)
  • 外部レコーダーやモニター出力に対応する3G/HD-SDI端子、HDMI端子などを備える。本体重量は1.1kg(画像はプレスリリースより)
  • 「ME20F-SH」の背面。レンズはキヤノンの一眼レフカメラや映像製作機器と同じEFマウントを採用している(画像はプレスリリースより)
 キヤノンは30日、超高感度撮影が可能な多目的カメラ「ME20F-SH」を12月上旬より発売開始することを発表した。肉眼では被写体の識別が困難な暗闇でも、ノイズが少ないカラー映像をフルHDで撮影することを可能としている。

 有効226万画素の35mmフルサイズ超高感度CMOSセンサーを搭載し、最低被写体照度0.0005lux以下、ISO感度400万相当の超高感度と低ノイズを実現した。自然災害監視や野生動物の生態撮影、防災・防犯など、幅広い映像制作に対応する。

 EFマウントに対応しており、既存のEFレンズを使用することができる。動作確認済みのEFレンズは12月中に同社のwebサイトで公開される予定となっている。価格は300万円。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top