ソフトバンク・孫氏が語る「ロボットが人を幸せにする情報革命」……ペッパーも10月から派遣社員に! 2ページ目 | RBB TODAY

ソフトバンク・孫氏が語る「ロボットが人を幸せにする情報革命」……ペッパーも10月から派遣社員に!

エンタープライズ モバイルBIZ
SoftBank World 2015の基調講演の壇上に立つ孫正義氏とペッパー
  • SoftBank World 2015の基調講演の壇上に立つ孫正義氏とペッパー
  • 孫氏は「スマートロボット」に関連する戦略について特に時間を割いて熱く語った
  • 企業が成功するためには情報武装と成長戦略が大切と述べた
  • ソフトバンクが成長戦略の中核として掲げるのは「IoT」「AI(人工知能)」「スマートロボット」の3つ
  • 2018年には人工知能が人間の知能を超えるとの予測を示した
  • これから重要なキーワードとして孫氏が掲げる「Technological Singularity=技術的特異点」
  • 2040年には世界人口をロボットの数が追い越すという予測も
  • ペッパーには感情を持たせることに力を注いだという
 基調講演では、ペッパーを企業向けにレンタル提供する「Pepper for Biz」のプランが10月1日からスタートすることも発表された。料金体系は36ヶ月契約(計198万円)で、契約期間の終了後にペッパーを返却する必要がある。7月31日の午前10時から、8月の1ヶ月分として用意される1,000台のペッパーのレンタル申込みをホームページで受付ける。

 当サービスについて孫氏は「月給換算にすれば5.5万円。ペッパーが来れば職場が明るくなるし、残業も大歓迎!文句を言わないし、遅刻しない。なかなか今どきいない社員になると思う」と語り、会場に集まった聴講者の笑いを誘った。

 「Pepper for Biz」をスタートさせるにあたり、ソフトバンクでは新規に専用のサービスプラットフォームを立ち上げる。例えば、ペッパーの“性格”がアプリから簡単に選べたり、複雑なプログラミングスキルなしに、レンタルしたペッパーを簡単にカスタマイズできるサービスなどが提供される。

 顧客への接客時にペッパーが得たインタラクションデータを解析して、ビジネスに役立てられるようなスキームも構築しやすくなる。またペッパーを活用する企業顧客に対するサポートやメンテナンスサービスもソフトバンクが提供体制を整える。

 壇上にはペッパーも登壇。店頭での接客販売を想定しながら商品の詳細をペッパーが説明したり、ペッパーの知らない商品は孫氏が説明すればすぐに覚えて、インターネット検索で得た情報を追加して孫氏に説明するディープ・ラーニング技術の特徴も披露された。

 「10月から僕も本格的に社会人としてデビューします。接客革命を起こします!」と意気込むペッパーに、孫氏は「難しいこともあるだろうけれど、素直な気持ちで学習しながらがんばれ」とエールを贈った。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top