スタッフの現在地を一覧表示……大規模イベントの運営をサポートする「いまどこ+for Staff」 | RBB TODAY

スタッフの現在地を一覧表示……大規模イベントの運営をサポートする「いまどこ+for Staff」

 東京ビッグサイトで30日まで開催されている「テーマパークEXPO」に出展しているケイ・シー・シーとNTTスマートコネクトは、大規模イベントの運営をサポートするためのサービス「いまどこ+ for Staff」のデモ展示を行った。

エンタープライズ セキュリティ
マラソンイベントを想定したデモ画面。コースの表示、スタッフの位置、トイレの場所などを表示させることができる(撮影:防犯システムNAVI)
  • マラソンイベントを想定したデモ画面。コースの表示、スタッフの位置、トイレの場所などを表示させることができる(撮影:防犯システムNAVI)
  • スマートアプリを使ったメッセージ(チャット)のデモ。スタッフ全体とグループ別のテキストを使ったやりとりが可能だ(撮影:防犯システムNAVI)
  • 「テーマパークEXPO」内の同社のブース。Webブラウザ版はIE、Firefox、Chromeに対応し、スマホアプリはAndorid、iOSに対応している(撮影:防犯システムNAVI)
  • 想定される利用シーンの数々。マラソン、花火大会、野外フェス、祭りなど多くの参加者、スタッフが集まるイベントとなる(撮影:防犯システムNAVI)
 東京ビッグサイトで30日まで開催されている「テーマパークEXPO」に出展しているケイ・シー・シーとNTTスマートコネクトは、大規模イベントの運営をサポートするためのサービス「いまどこ+ for Staff」のデモ展示を行った。

 本サービスは、スマートフォンの位置情報機能を応用したサービス。あらかじめ登録したスマートフォンをスタッフに持たせることで、今どこに、どのスタッフがいるのかを運営本部や各スタッフが把握できるようになる。

 ケイ・シー・シー、NTT西日本、NTTスマートコネクトが3社で協業しているビジネスで、ケイ・シー・シーが開発・運営を担い、NTTスマートコネクトがサービスを提供している。

 仕組みとしては、スタッフが持つスマートフォンから取得した位置情報をクラウドサーバーが集約し、マップに落とし込んだ状態で一覧表示するというもので、運営本部やスタッフ間でのメッセージを使ったやりとりが可能。Webブラウザ版とスマートフォンアプリ版が用意されている。

 マップ上には、スタッフの現在地の他、AEDやトイレ、マラソンイベントなら給水所や救護所などの場所もマッピングすることができる。スタッフは、一般参加者のナビゲートをスマホ1台でき、何らかのトラブル発生時には本部の指示に従って迅速かつ的確な行動に移ることができる。

 想定している導入先は、大規模なマラソンイベント、花火大会、野外ライブイベントといった、広大な敷地で行われ、大人数のスタッフを動員するようなイベントの運営者。

 スムーズなイベント運営を実現しつつ、災害や事件、事故が発生した際にも被害の拡大防止、迅速な対処が可能となる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top