Motorola、フラッグシップ「Moto X」の新モデルでハイエンドの「Moto X Style」など発表 | RBB TODAY

Motorola、フラッグシップ「Moto X」の新モデルでハイエンドの「Moto X Style」など発表

IT・デジタル スマートフォン
Motorolaが発表した「Moto X Style」、「Moto X Play」、「Moto G」
  • Motorolaが発表した「Moto X Style」、「Moto X Play」、「Moto G」
  • 3,630mAhの大容量バッテリを内蔵する「Moto X Play」
  • 最上位モデルの「Moto X Style」
 Motorolaは28日(現地時間)、同社のフラッグシップモデル「Moto X」シリーズの新モデル「Moto X Style」と「Moto X Play」を発表した。北米や欧州で8月以降、順次発売される。

 「Moto X Style」と「Moto X Play」は、いずれもアルミフレームと背面に曲面カーブを採用。前面にはステレオスピーカーを備えるなど、デザインは共通している。OSはAndroid 5.1.1。

 「Moto X Play」は、5.5インチ、1,920×1,080ピクセル液晶、プロセッサがオクタコアのQualcomm Snapdragon 615(1.7GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GB/32GB。カメラは2100万画素/500万画素で、f2.0のレンズを備える。

 「Play」の名前が示す通り、ビデオや写真、ゲームなどを楽しむための端末という位置づけ。そのために3,630mAhの大容量バッテリを内蔵し、最長48時間の使用に耐えられるとしている。IEEE802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0LE、NFC、GPSなどの機能を備え、本体サイズは高さ148mm×幅75mm×奥行10.9mm、重さは169g。

 「Moto X Style」は、「Play」からさらにスペックを上げた最上位モデル。ディスプレイは5.7インチで解像度は2,560×1,440ピクセル、プロセッサは6コアのSnapdragon 808(1.8GHz)、メモリ3GB、ストレージは16GB/32GB/64GBがラインナップされる。カメラは2100万画素/500万画素で、その他の装備も「Moto X Play」と共通する。バッテリは3,000mAh、本体サイズは幅76.2mm×高さ153.9mm×奥行6.1mm、重量は179g。

 また、同時にミッドレンジの「Moto G」の新モデルも発表された。ディスプレイは5インチ(1,280×720ピクセル)、プロセッサはSnapdragon 410、メモリ1GB。カメラは1300万画素をあしらっている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top