Star Digital製SIMフリースマホ「ONE-FIVE」シリーズが国内で発売へ | RBB TODAY

Star Digital製SIMフリースマホ「ONE-FIVE」シリーズが国内で発売へ

IT・デジタル モバイル

Star Digital製SIMフリースマートフォン「ONE-FIVE」シリーズの5型「F1」
  • Star Digital製SIMフリースマートフォン「ONE-FIVE」シリーズの5型「F1」
  • 5.5型「F1L」
  • ミドルスペックの「C1」
 中国のスマートフォンメーカーStar Digitalは28日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「ONE-FIVE」シリーズ3機種を日本で発売すると発表した。10月1日から順次販売する。同社初の日本向け端末となる。

 ハイエンドな5.0インチの「F1」、5.5インチ「F1L」とミドルレンジの5.0インチ「C1」がラインナップされ、予想実売価格は「F1」が34,800円、「F1L」が39,800円、「C1」が19,800円(いずれも税別)。「C1」のみ11月1日発売となる。

 3機種ともOSはAndroid 5.1を採用。「F1」は5インチフルHD(1,920×1,080ピクセル)液晶、プロセッサはオクタコアのMT6753(1.5GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GB。1300万画素/500万画素カメラを搭載し、LTE/3G(WCDMA)をサポート。IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.1に対応し、バッテリは2,100mAh。本体サイズは幅70mm×高さ143mm×奥行6.8mm、重量約130g。

 「F1L」は5.5インチフルHD(1,920×1,080ピクセル)液晶、プロセッサはオクタコアのMT6753(1.5GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GB。画面サイズが違うだけで、仕様は「F1」と共通する。バッテリは2,600mAhで、本体サイズは幅77mm×高さ153mm×奥行6.9mm、重量は約135g。

 ミドルレンジの「C1」は、ディスプレイが5インチ、1,280×720ピクセル、プロセッサはクアッドコアのMT6735(1.0GHz)、メモリ1GB、ストレージ8GBという仕様。カメラは800万画素/200万画素を搭載する。ネットワークは「F1」などと同様。バッテリは2,000mAhで、本体サイズは幅69.8mm×高さ143.5mm×奥行7.2mm、重量は約170g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top