スポーツ人口の拡大へ、ブルータグとヤフーが事業提携 | RBB TODAY

スポーツ人口の拡大へ、ブルータグとヤフーが事業提携

アスリート支援・スポーツ振興事業を手掛けるブルータグは、ヤフー(Yahoo! JAPAN)と事業提携の締結を行ったと発表した。

エンタープライズ その他
マラソン イメージ
  • マラソン イメージ
アスリート支援・スポーツ振興事業を手掛けるブルータグは、ヤフー(Yahoo! JAPAN)と事業提携の締結を行ったと発表した。

同社とヤフーは、ネットとリアルそれぞれの強みを生かし、スポーツ現場のさまざまな課題を解決し、国内のスポーツ参加人口の拡大を目指す。

年間2000大会程度開催されるランニング大会では、インターネットによる参加申し込みが急増し、個人情報保護を考慮したシステムが求められている。また、ほぼすべての大会で、ゴール地点での計測を実施。大規模マラソン大会では、5キロ地点ごとに計測機器が設置されているが、大会主催者にとって計測システムにかかる費用負担は大きく、小・中規模大会での導入は限定的だ。

さらに、トレイルランニングや100キロを超える長距離のウルトラマラソンでは、従来の計測システムに必要なマットやアンテナなどの設置が困難な大会もあり、よりリアルタイム性の高い位置情報サービスの提供が必要となっている。

同社は、大会企画から運営サポートまで携わってきた経験をもとに、大会申し込みから参加者管理、ボランティアや運営スタッフの登録管理が可能なシステムの開発と、ビーコン技術や振動発電を活用した新たな計測システムの開発に取り組む。

また、今回の提携により、スポーツ大会の主催者や参加者向けのインターネットサービスを構築し、スポーツ現場のさまざまな課題を解決することで、国内のスポーツ参加人口の拡大を目指す。

ヤフーは、子会社のワイズ・スポーツと協力して運営する日本最大級の総合スポーツ情報サイト「スポーツナビ」にて、同サービスのプロモーションを行い、スポーツ大会への参加を促していく。

スポーツ振興事業を手掛けるブルータグとヤフーが事業提携

《美坂柚木@CycleStyle》

関連ニュース

特集

page top