金爆・鬼龍院、アンチのブログでエアーバンドの成功確信「音楽聞いてねーじゃん」 | RBB TODAY

金爆・鬼龍院、アンチのブログでエアーバンドの成功確信「音楽聞いてねーじゃん」

エンタメ 音楽

鬼龍院翔【写真:田中】
  • 鬼龍院翔【写真:田中】
  • 鬼龍院翔《撮影:椿山和雄》
 エアーバンド・ゴールデンボンバーのリーダーである鬼龍院翔が4日放送のTBS系「サワコの朝」で、エアーバンドという戦略の舞台裏について明かした。

 歌は歌うが楽器はすべて弾いたフリ、かわりにステージ上で溶接などユニークなパフォーマンスを披露するという特異なスタイルで、人気を集めるゴールデンボンバー。2004年の結成当初は演奏を行っていたそうだが、鬼龍院は、「喜矢武(豊)くんがギター弾いてましたけど、ものすごく下手くそなんですよ」「練習すれば形になると思ってたけど、しばらくして『この人は本当に音楽のセンスがない』と気付いた」と振り返る。かといって楽器が上手な人間となると、今度はステージ上でふざけたがらないのだった。

 「目立つためには普通にやっていては絶対印象に残らない」という考えの鬼龍院は、さまざまなライブを見て「意外とみんな音楽聞いてねーな」という結論に至った。エアーバンドということで「音楽をなめている」とゴールデンボンバーを批判していた音楽ファンも、お目当てのバンドを見た感想として、演奏についてではなく「今日は○○さんと目があった」ということをブログにつづっていた。そのとき鬼龍院は「(音楽)聞いてねーじゃん! 絶対エアーバンドでもなんとかなるわ」と確信したのだという。

 鬼龍院は「音楽のジャンルで、面白いことをやるバンドって少ないじゃないですか」と、業界の“スキマ”を発見したことについて語った。
《原田》

関連ニュース

特集

page top