PCレスで録画環境を構築できるネットワークカメラ専用装置が発売 | RBB TODAY

PCレスで録画環境を構築できるネットワークカメラ専用装置が発売

エンタープライズ セキュリティ

従来モデルの「NVR-204」と比べ、CPUの変更に伴い、対応カメラの高解像度化、本体に内蔵可能なHDDの容量増加など性能が向上、本体のデザインも一新されている(画像はプレスリリースより)
  • 従来モデルの「NVR-204」と比べ、CPUの変更に伴い、対応カメラの高解像度化、本体に内蔵可能なHDDの容量増加など性能が向上、本体のデザインも一新されている(画像はプレスリリースより)
  • ネットワークカメラの運用で大きな役割を果たすネットワークビデオレコーダー(NVR)を提供するシステム・ケイ(画像は公式Webサイトより)
 システム・ケイは4分割表示に対応したネットワークカメラ専用録画装置(いわゆるNVR)「NVR-204Mk2(Mk2の「2」はローマ数字)」を7月1日に発売開始する。

 NVRとは、ネットワークビデオレコーダーの略で、監視カメラシステムを構築する際には、録画装置や管理装置として使うことができる機器。本製品は、カメラを4台接続してPCレスでのネットワークカメラ録画システムを構築できるため、小規模オフィスやコンビニ、飲食店などの小規模監視システムに最適な製品となる。

 自動的に接続可能なカメラを検出するカメラサーチ機能を搭載しているので、設定作業を軽減することができる。主要なメーカー30社のネットワークカメラと接続可能なマルチベンダー仕様。

 最大でフルHD(1,080p/30fps)のカメラ映像を4チャネル録画できる。3.5インチSATA HDDを2基搭載可能となっており、最大4TBx2台まで対応している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top