遠くにいても存在感を発揮!? タブレット連動型自走式ロボット「Double Robotics」 | RBB TODAY

遠くにいても存在感を発揮!? タブレット連動型自走式ロボット「Double Robotics」

 「日本ものづくりワールド2015」(東京ビッグサイトで26日まで開催)内の「第26回設計・製造ソリューション展」に出展しているBRULE(正式表記は「E」の上に「′」)は、タブレットと自走式のロボットを組み合わせた「Double Robotics」のデモ展示を行った。

エンタープライズ ハードウェア
展示されていた「Double Robotics」。この日はプログラム制御で自由にブース内を動き回っていた(撮影:編集部)
  • 展示されていた「Double Robotics」。この日はプログラム制御で自由にブース内を動き回っていた(撮影:編集部)
  • ブース内に貼られていた製品ポスター。写真のようにディスプレイに顔を表示させればかなりの存在感が出る(撮影:編集部)
 「日本ものづくりワールド2015」(東京ビッグサイトで26日まで開催)内の「第26回設計・製造ソリューション展」に出展しているBRULE(正式表記は「E」の上に「′」)は、タブレットと自走式のロボットを組み合わせた「Double Robotics」のデモ展示を行った。

 車輪型の自走部分、ポール、タブレットホルダー(タブレット自体は別売り)で構成された製品で、利用時に装着するタブレットは、ロボットの目、口、耳として機能する。遠隔操作でロボットを動かしたり、タブレットのカメラやディスプレイを通じて、遠隔地の人とコミュニケーションが取れるという製品になる。

 具体的には、遠隔地にいても会議に出席できたり、現地に行かなくても視察などが行えたりと、アイデア次第でさまざまな使い方が考えられる。タブレットのディスプレイに自分の顔を映して、ロボットを動かせば、一定の存在感を発揮した、会議参加や視察、指導が可能になる。

 ちなみにタブレットの設置位置は子どもくらいの高さ(120~150cmまで調整可能)なので、カメラがとらえる画角は人間の目線に近い。

 基本的には、室内使用を想定した作りになっており、障害物に関しては1.2cm程度なら乗り越えることも可能。プラットフォームは、iOSかdesktop Chrome web browserに対応。iPadなら、第二世代以降に対応するが、iPad miniシリーズに関しては、ホルダーが対応していないので利用できない。

 ネット環境さえ整っていれば、自由に室内を動き回ることができるので、昼間は来客のおもてなし、夜間は巡回警備に使うといった活用法も可能だ。

 同社のWebサイトによると、価格は349,800円(税込/タブレットは別売/6月25日現在)。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top