ディズニー最新映画『トゥモローランド』、週末興行ランキングNo.1! | RBB TODAY

ディズニー最新映画『トゥモローランド』、週末興行ランキングNo.1!

エンタメ 映画・ドラマ

『トゥモローランド』ポスター
  • 『トゥモローランド』ポスター
  • 『トゥモローランド』場面写真
  • 『トゥモローランド』場面写真
  • 『トゥモローランド』場面写真
  • 『トゥモローランド』場面写真
  • 『トゥモローランド』について語るジョージ・クルーニー
 “ウォルト・ディズニーが遺した最大の謎”というキャッチフレーズでも話題の、ディズニー最新映画『トゥモローランド』が、日本公開直後の週末興行ランキングでNo.1となった。

 『トゥモローランド』は、ジョージ・クルーニー主演のミステリー・アドベンチャー作品。“トゥモローランド”は、すべてが可能になるといわれる理想の世界。その謎を、未来を諦めない少女ケイシー、トゥモローランドの存在を知る男フランク、2人をトゥモローランドへと誘う少女アテナの“運命の3人”が解き明かす、というストーリー。「謎の美少女アテナ」については公開前の情報が少なく、彼女を演じた13歳のラフィー・キャシディは、憂いさえ感じさせる確かな演技力と可愛らしい容姿とで、インターネット上でも話題になっている。

 5月22日に全米で公開された際は、週末の興行成績4070万ドル(Boxoffice mojo調べ)で初登場No.1の大ヒットの記録している。さらに、先日、主演のジョージを始めとしたキャスト陣が参加したジャパンプレミア・イベントも開催された。その中で、日本公開日6月6日を迎え、公開週末2日間の興行成績は2億6451万300円、観客動員数は19万216人となり、週末興行ランキングNo.1スタートとなった。

  “謎”がキーワードの作品だけに、公開直前まで情報があまり公開されず、ディズニーランドにある同名エリアとの関連性についてさまざまな憶測が飛び交い、公開前からディズニーランドを好む若い世代から大きな期待を集めていた。また、公開後は主演のジョージと同じ世代からも好評を得ており、客層は10代から大人の映画ファンまで非常に多様な広がりを見せている。今後も幅広い層から注目が集まることが予想される。

 『トゥモローランド』は現在も公開中。
《》

関連ニュース

特集

page top