公道走行可能! 災害現場で威力を発揮するオフロードビーグル | RBB TODAY

公道走行可能! 災害現場で威力を発揮するオフロードビーグル

エンタープライズ セキュリティ

2気筒875ccのエンジンを搭載した4輪駆動のAT仕様。全長は296cm、全幅167cm、車体重量は720kg(画像は同社リリースより)。
  • 2気筒875ccのエンジンを搭載した4輪駆動のAT仕様。全長は296cm、全幅167cm、車体重量は720kg(画像は同社リリースより)。
  • 大型特殊車輌としてナンバーが取得ができ、公道走行が可能となっている(画像は同社リリースより)。
 ホワイトハウスオートモービルは8日、米ポラリス・インダストリーズ社のオフロードビークル「RANGER XP 900」のナンバーを取得し、公道を走行可能な大型特殊自動車として国内への輸入販売を行うことを発表した。

 「RANGER XP 900」は災害時でも機動力が高いオフロードビーグル(ORV)。河川や岩場、雪道などあらゆる悪路を走破できるため、土砂災害現場での災害救助車両としての需要が期待される。米ポラリス社はスノーモービルや、ATV(小型オフロード車両)などで米国トップシェアを誇っている。

 これまでもホワイトハウスオートモービルではRANGERシリーズを取り扱っていたが、国内ではナンバーの取得が不可能だった。今回、公道走行可能モデルとして国内投入される「RANGER XP 900 EPS」は重量720Kg、最大積載量450Kg。車両本体価格は約533万円。災害救助車両としての運用が期待される。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top