複数デバイスでデータ容量を共有できる「データシェア」、KDDIが開始 | RBB TODAY

複数デバイスでデータ容量を共有できる「データシェア」、KDDIが開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「データシェア」の利用イメージ
  • 「データシェア」の利用イメージ
  • 対象の料金プラン
 KDDIと沖縄セルラーは8日、複数のデバイスでデータ容量を共有できる「データシェア」を11日より開始することを発表した。

 「データシェア」は、同一名義の4G LTEスマートフォン/ケータイと4G LTEタブレット/PCで、データ容量をシェアして利用できる。昨年に「カケホとデジラ」が発表されたときにコンセプトは発表されていたが、具体的なサービス開始については未定のままとなっていた。

 「データシェア」は個人でも利用可能。また家族間であれば、データ容量を贈りあえる「データギフト」を組み合わせることで、さらに有効にデータ容量を活用できる見込みだ。

 2014年5月23日から開始した優待キャンペーン「はじまる! データシェアキャンペーン」は、2015年7月31日をもって受付を終了する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top