綾野剛がチケットもぎり! 舞台挨拶でサプライズ | RBB TODAY

綾野剛がチケットもぎり! 舞台挨拶でサプライズ

エンタメ 映画・ドラマ

大阪での舞台挨拶に登場した綾野剛
  • 大阪での舞台挨拶に登場した綾野剛
  • チケットもぎりを自身の手で実施する綾野剛
  • チケットもぎりを自身の手で実施する綾野剛
  • チケットもぎりを自身の手で実施する綾野剛
 俳優の綾野剛が7日、映画『新宿スワン』の大阪での舞台挨拶に登場した。ヒットのお礼を観客に示したいという自らの発案で、舞台挨拶つき上映会のチケットもぎりを綾野自身が実施、観客1人1人に「ありがとうございます!」と声をかけていた。

 映画『新宿スワン』は、原作・和久井健の漫画が園子温監督の手により実写映画化された作品。新宿・歌舞伎町を舞台に、「スカウトマン」の生き様を描く。主人公・白鳥龍彦(綾野)の成長物語を中心に、ライバル秀吉(山田孝之)との宿命のドラマと激しいアクションシーン、厳しい世界を生き抜く知恵をくれる先輩・真虎(伊勢谷友介)らスカウトマンたちとの絆と友情、そしてヒロイン・アゲハ(沢尻エリカ)との切なく儚いラブロマンスなどが見どころになっている。

 今回の上映会は、大阪・TOHOシネマズ なんばで行われた。ここで今回の舞台挨拶が行われたのは、「全国で最も前売券の売上枚数が多かった劇場で綾野剛が舞台挨拶を行う」という“綾野剛に会おう!キャンペーン”で、この劇場が前売券の売上枚数が全国1位になったため。それを受け、直接観客に感謝し劇場で迎えたいという綾野自らの発案で、サプライズで「綾野自身によるチケットもぎり」が実現した。綾野は「ありがとうございます!」と感謝の言葉を1人1人に伝えていた。

 舞台挨拶がはじまり、会場から拍手を浴びながら登壇した綾野は、「大阪戻ってきました!大阪最高!」と、公開前の地方キャンペーンでも訪れた大阪を再訪できたことに喜びの言葉を述べた。続けて、「大ヒットしているのはみなさんのおかげ。本当にありがとうございます。僕も(大阪に)戻ってこられたのがとても嬉しい。一番好きです、大阪が!」とあらためて大阪の観客に感謝を示した。

 続編製作の可能性もあるのでは?と訊ねられると、「また(主人公の)龍彦が生きることができるのであれば、ぜひ。映画がヒットしていれば、続編の可能性も出てくる。それが実現するとしたら、それは観客の皆さんがスワンに触れてくれたおかげ」と真剣にコメントした。

 最後の挨拶では、「この映画は主張が強い作品で、誰かが客観的に観てくれないと成立しない作品。皆さんが観てくれることで完成する。この舞台挨拶も楽しかったが、作品もぜひ楽しんでほしい」と会場を見渡しながら語りかけ、舞台挨拶は終了した。
《》

関連ニュース

特集

page top