軽量&タフで使いやすいバッテリー・パッド一体型AEDが登場 | RBB TODAY

軽量&タフで使いやすいバッテリー・パッド一体型AEDが登場

エンタープライズ その他

成人180J、小児50Jの出力で電極パッドは共通。貼り付け位置は成人と小児で異なり、「小児モード」ボタンを長押しすることで小児用の音声ガイダンスが流れる(画像はプレスリリースより)
  • 成人180J、小児50Jの出力で電極パッドは共通。貼り付け位置は成人と小児で異なり、「小児モード」ボタンを長押しすることで小児用の音声ガイダンスが流れる(画像はプレスリリースより)
  • 「カーディアックレスキュー RQ-5000」の背面。IP55に対応した防塵防水性能で落下衝撃に対しても1.5mまでOK。公共施設におくことが多いだけに堅牢性も魅力となる(画像はプレスリリースより)
 日本ライフラインはAED(自動体外式除細動器)「カーディアックレスキュー RQ-5000」を販売開始した。バッテリー・パッド一体型の軽量AEDでシンプルな使い勝手を特徴としている。

 電極パッドとバッテリーが一体となったパッドカートリッジシステムを採用したAED。パッドは成人用と小児用が兼用で、使用時はモードを切り替えて運用する。使用方法と心臓蘇生法は音声によるアナウンスと、操作方法を促すランプ表示によるガイダンスが行われるので、緊急時に的確に使用できるよう配慮されている。

 心電図を5秒間、最大1,000件を内蔵メモリーに保存、作動中の周囲音を最長15分間、最大4件保存することができる。BluetoothもしくはUSBでパソコンに接続することが可能となっている。

 本体重量は2.1Kg。価格は30万円となり、月4,650円での5年レンタルのプランも用意されている。1.5mからの落下試験に耐え、防塵防水はIP55に対応し、堅牢性も誇っている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top