「LTE」と「免許不要で利用できる帯域」を協調させる新通信方式、KDDI研が開発 | RBB TODAY

「LTE」と「免許不要で利用できる帯域」を協調させる新通信方式、KDDI研が開発

ブロードバンド テクノロジー

既存方式との比較
  • 既存方式との比較
  • 60GHz帯ミリ波無線プロトタイプ
 KDDI研究所は25日、60GHz帯とLTEが協調動作してデータを転送する新しい通信方式を開発したことを発表した。60GHz帯は、世界中で免許不要で利用できる帯域として割り当てられているが、遠くまで電波が届きにくく、移動通信サービスには不向きとされていた。

 今回、60GHz帯通信とLTEを協調させ、実際にAndroid搭載端末上で動作させることに成功した。これにより60GHz帯とLTEをユーザーが意識することなく利用でき、LTEネットワークの混雑を避け、快適なネットワーク利用が可能とのこと。検証試験では、LTEのみを使った場合と比較して5分の1以下の時間でコンテンツのダウンロードが可能だったという。

 具体的には、LTEエリアであらかじめユーザーが到達するであろう60GHz帯エリアを予測し、必要なコンテンツを先回りダウンロードさせる技術、CCN(Content Centric Networking)技術により、協調動作を実現。新プロトコルを設計し、Linux OSならびにAndroid OS上に実装した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top