三井住友銀行、渉外担当者用にWindowsタブレット端末約2,000台を導入 | RBB TODAY

三井住友銀行、渉外担当者用にWindowsタブレット端末約2,000台を導入

 三井住友銀行は14日、個人顧客向け渉外担当者を中心に、約2,000台のWindowsタブレット端末を導入することを発表した。日本電気、日本マイクロソフトとともに、NEC製Windowsタブレット端末を活用した新たな渉外用端末を開発した。

エンタープライズ ハードウェア
VersaPro タイプVR(イメージ)
  • VersaPro タイプVR(イメージ)
  • 「三井住友銀行」サイト
 三井住友銀行は14日、個人顧客向け渉外担当者を中心に、約2,000台のWindowsタブレット端末を導入することを発表した。日本電気、日本マイクロソフトとともに、NEC製Windowsタブレット端末を活用した新たな渉外用端末を開発した。

 この端末は、顔認証によるセキュリティ、新開発の住宅ローン専用アプリケーション「家計相談ナビ」を搭載。渉外担当者のみが利用可能で、外出先にて、住宅ローンの返済額シミュレーションや投資信託の商品概要、最新のマーケット情報など、幅広い情報を動画などを用いて、即座に案内可能だという。

 詳細な返済額シミュレーションの他、住宅ローンに関連する各種保障の情報提供、きめ細かい返済プランのご提案や返済額の比較などができる。投資信託ファンドの比較や、分散投資のシミュレーションにも対応する。

 日本電気では同日、顔認証ログオンソフトを添付したビジネス向けPCの新製品14タイプ37モデルを発表。Windowsタブレットとしては、企業の既存システムとの親和性が高いWindows搭載8型端末「VersaPro タイプVR」などを発表している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top