日本マイクロソフト、新型の「Surface 3」を19日に国内発表 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、新型の「Surface 3」を19日に国内発表

IT・デジタル モバイル

「Surface Pro 3」の下位モデルに当たる「Surface 3」。5月19日に国内発表される予定
  • 「Surface Pro 3」の下位モデルに当たる「Surface 3」。5月19日に国内発表される予定
 日本マイクロソフトは12日、同社製Windowsタブレット「Surface 3」の日本での発表会を19日に開催することを明らかにした。日本での発売日、価格などがアナウンスされる見込みだ。

 「Surface 3」は、5日から欧米など世界26地域で発売された。日本はこの第一弾には含まれておらず、改めてアナウンスするとされていた。「Surface 3」は10.8インチ(1,920×1,280ピクセル)液晶、OSはWindows 8.1(64bit)、プロセッサは最新のAtom x7-Z8700(1.6GHz)を搭載。メモリ2GB/ストレージ64GB、メモリ4GB/ストレージ128GBモデルがラインナップされる。カメラは800万画素/350万画素。北米での価格は449ドルから。

 「Surface」シリーズでは、上位モデルとなる「Surface Pro 3」が6月1日から最大で36,000円値上げされる。日本初登場の「Surface 3」も、為替レートを考慮した価格設定が行われると予想される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top