NTTデータ東北、信用金庫向けの「反社管理ソリューション」を提供 | RBB TODAY

NTTデータ東北、信用金庫向けの「反社管理ソリューション」を提供

 NTTデータ東北は信用金庫向け「反社管理ソリューション」の提供を開始した。信用金庫の窓口担当者が警察庁、全銀協(全国銀行協会)および信用金庫が保有する反社会的勢力(反社)リストの情報を検索して照合できるシステムとなっており

エンタープライズ セキュリティ
金融機関が反社会的勢力の取引に利用させることを水際で防ぐためのシステムとなっており、管理負荷の軽減を可能としている(画像はプレスリリース)
  • 金融機関が反社会的勢力の取引に利用させることを水際で防ぐためのシステムとなっており、管理負荷の軽減を可能としている(画像はプレスリリース)
  • 同社では、信用金庫向けの情報ソリューションとして、顧客基本情報サーバ(C1システム)やWebオンラインシステムなども提供している(画像は公式Webサイトより)
 NTTデータ東北は、信用金庫向け「反社管理ソリューション」の提供を開始した。信用金庫の窓口担当者が警察庁、全銀協(全国銀行協会)および信用金庫が保有する反社会的勢力(反社)リストの情報を検索して照合できるシステムとなっており、調査業務を大幅に効率化できるものとしている。

 主な機能は、信用金庫の窓口に訪れた顧客が反社に該当するかなどの情報を一括で検索し、照会できる「オンライン照会機能」と、警察庁、全銀協および信用金庫が保有する反社リストをデータベースに取り込んで、全顧客の突き合わせ確認や該当者の取引状況を確認するための帳票を作成する「反社管理機能」で構成されている。

 既存のテラーズマシンでの操作が可能なため、設備投資コストを削減することも可能となっている。導入価格は300万円からとなり、同社は2017年までに30金庫への導入を目標としている。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top