小田急電鉄、289億円の設備投資を実施……安全対策の強化など | RBB TODAY

小田急電鉄、289億円の設備投資を実施……安全対策の強化など

エンタープライズ その他

2015年度の鉄道事業設備投資計画概要。「安全対策の強化」「輸送力の増強」「サービスの向上」を3本柱とし、総額289億円の設備投資を実施する(画像は同社リリースより)
  • 2015年度の鉄道事業設備投資計画概要。「安全対策の強化」「輸送力の増強」「サービスの向上」を3本柱とし、総額289億円の設備投資を実施する(画像は同社リリースより)
  • 2013年に地下化させた小田急線の下北沢地区において、緩行線トンネルの構築、東北沢や世田谷代田駅などの駅舎工事など複々線化に向けた工事を進めていく(画像は同社リリースより)
 小田急電鉄は4月30日、2015年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。「安全対策の強化」「輸送力の増強」「サービスの向上」を三本柱に掲げ、総額289億円の設備投資を実施する。

 安全対策としては、駅や高架区間の耐震補強工事を実施。駅では新宿駅、大和駅など、高架区間では厚木~本厚木間駅や多摩線、酒匂川避溢(ひいつ)橋などが対象になる。

 斜面や土手などの土砂災害を防止するための法面(のりめん)防護工事も、進行中の六会日大前~善行駅間に加えて、小田急相模原~相武台前駅間で新たに工事を着手する。

 また、従来のATS(自動列車停止装置)より安全性が高い新たな列車制御システム「D-ATS-P」の導入も推進。今年度で新宿~新百合ヶ丘駅間の設置が完了し、小田急線全線で運用を開始する予定だ。他にも老朽化した変電所設備の更新や、列車無線をアナログ方式からデジタル方式に更新する工事を引き続き進める。

 輸送力の増強については東北沢~世田谷代田間の複々線化事業の推進、近郊区間の各駅停車を現行の8両編成から10両編成で運行できるための工事を引き続き進めていくとのこと。

 サービスの向上では特急車両「ロマンスカー」の新造や1000形通勤車両のリニューアル、駅舎の改修工事及びホーム上家の増設、トイレの洋式化などを実施する。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top