ネット注文品が実店舗のロッカーで受け取り可能に……ライフとグローリーが試験運用 | RBB TODAY

ネット注文品が実店舗のロッカーで受け取り可能に……ライフとグローリーが試験運用

エンタープライズ その他

ライフ店内に設置された商品受取りロッカーは、グローリーが開発した多機能ターミナルロッカーLTS-100シリーズのカスタマイズモデル。保冷剤などはそのままロッカーに返却する仕組みだ(画像はプレスリリースより)
  • ライフ店内に設置された商品受取りロッカーは、グローリーが開発した多機能ターミナルロッカーLTS-100シリーズのカスタマイズモデル。保冷剤などはそのままロッカーに返却する仕組みだ(画像はプレスリリースより)
  • 多機能ターミナルロッカーLTS-100シリーズは、QRコードや各種ICカードをキーとして利用することができる。設置場所や用途によって様々なサイズの製品をラインナップしている(画像は公式サイトより)
 グローリーはライフコーポレーションが運営するネット店舗「ライフネットスーパー神田和泉町店」と「ライフネットスーパー落合南長崎駅前店」で購入した商品を、宅配以外にライフの実店舗で受け取ることができるサービスを開発し、4月から試験運用を開始している。

 従来は宅配での受け渡しだったが、新たに実店舗内に設置された受け取りボックスでの引き渡しを選択可能とした。配達時間帯に自宅にいる必要がなく、都合のいい時間に配送料無料で商品を店舗で引き取ることが可能となる。

 商品購入の流れは、ネットスーパーで商品を注文時に受け取りボックス便を選択、クレジットカードで決済して返信メールでロッカー受取り番号を受信し、店舗で番号を入力してロッカーを解錠する仕組みとなる。

 試験運用を行う店舗は、ライフ神田和泉町店(東京都千代田区)と落合南長崎駅前店(東京都豊島区)の都内2つの実店舗となる。

 ロッカーを提供するグローリーでは、今後、新たなロッカーの活用法の1つとして、市場での反応を調査・検証していく。今回の試験運用で使われているのは、同社の多機能ロッカー「LTSシリーズ」となる。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top