衛星ナビゲーション用の新型GNSSモジュール「SE868-V3」を発表 | RBB TODAY

衛星ナビゲーション用の新型GNSSモジュール「SE868-V3」を発表

エンタープライズ ハードウェア

米国主導のGPSだけでなく、多数の衛星航法システムに対応している。アシステッドGPSやSBASにも対応して正確な位置情報を測位する(画像はプレスリリースより)
  • 米国主導のGPSだけでなく、多数の衛星航法システムに対応している。アシステッドGPSやSBASにも対応して正確な位置情報を測位する(画像はプレスリリースより)
 英国のTelit Wireless Solutions(テリットワイヤレスソリューションズ社)は、15日に新型GNSSモジュール「SE868-V3」を発表した。

 米国のGPS、ロシアのGLONASS、中国のBeidou、欧州のGalileoなど、各国の全地球航法衛星システムに広く対応しており、IoTデバイスに組み込むことで、高度な位置情報とナビゲーションソリューションを実現できる点が特徴だ。

 各国の全地球航法衛星システムに対応し、GPSとGlonass、またはGPSとBeidouの衛星群を同時に追跡することができる。測位情報の精度を高めるA-GPSや静止衛星による補強を行うSBASにも対応し、さらにソフトウェアで各衛星の正確な位置情報(エメリフェス)を予測する機能も備えるなど、従来機と比べて性能が大きく向上している。

 11x11mmのQFNパッケージにベースバンドプロセッサ、SQIフラッシュメモリとGNSSチップを内蔵し、超高感度RFフロントエンドを搭載することで、屋内環境や都市の密集地域などでのナビゲーションにも対応している。同社の従来機種JF2,SE868V2とピンコンパチブルとなっており、本機SE868-V3もCSR社のSiRF starVをベースとした仕様となっている。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top