ALSOK、南インドに新拠点を設立……日系企業のセキュリティ需要が影響 | RBB TODAY

ALSOK、南インドに新拠点を設立……日系企業のセキュリティ需要が影響

エンタープライズ セキュリティ

ALSOKは現在、中国、ベトナム、タイ、マレーシア、インド、インドネシア、韓国、フィリピンで事業展開をしている(画像は公式サイトより)
  • ALSOKは現在、中国、ベトナム、タイ、マレーシア、インド、インドネシア、韓国、フィリピンで事業展開をしている(画像は公式サイトより)
 ALSOKは、同社の子会社であるALSOK India Private Limited(ALSOKインディア)がインド南部タミル・ナド州チェンナイに新拠点を設立したことを発表した。

 ALSOKインディアは、インド北部ハリヤナ州グルガオンで、日系企業のセキュリティ面でのコンサルティングやセキュリティ機器の販売を行ってきたが、インドの経済成長に伴い日系企業が南インドに進出することが増えてきたことを背景に、ALSOKインディア チェンナイ事務所を6日に設立した。

 同事務所では、これまでALSOKインディアが行ってきたことと同様、セキュリティ関連のコンサルティングと機器販売を主な業務としている。所在地であるインド南部タミル・ナド州チェンナイは、南インド最大の都市であり、日系企業の進出が近年増加している。現地でのセキュリティ需要に迅速に対応するべく、今後は北部ハリヤナ州グルガオンと南部タミル・ナド州チェンナイの2拠点体制で事業を進めていくとのこと。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top